ディフェリンゲル 使い方 保湿

保湿する場合のディフェリンゲルの使い方

ディフェリンゲルと保湿の必要性

ディフェリンゲルに含まれているアダパレンには、トレチノインと同じような働きがあるため、ピーリング作用があり、お肌の角化を予防したり、ターンオーバーを促進したりしてくれます。

しかし、ピーリング効果からお肌はとてもデリケートになっています。

ですから、お肌を守るためにも、しっかりと保湿をすることが大切となります。

それが、副作用の予防にもつながります。

保湿をする順番

ディフェリンゲルを使用する場合、保湿する順番も大切です。

順番としては、まず保湿をしてからディフェリンゲルをつけるようにしましょう。

クレンジングや洗顔を行い、お肌を清潔にします。

そして、その後にしっかりと保湿を行ないます。

ディフェリンゲルはそのあとにぬります。

副作用を出さないようにするためにも、化粧水の後には、保湿剤やクリームなどで、しっかりと保湿するようにしましょう。

ディフェリンゲルの使い方

ディフェリンゲルの使い方は、正しく使用しないと症状を悪化させてしまうこともあります。

ディフェリンゲルを使用している時のお肌は、肌バリアが低下してしまっています。

刺激を受けやすい状態になっているので、保湿をし、お肌を守ってあげましょう。

副作用が出た場合にも、しっかりと保湿を心がけることで、解消される場合もあるようです。

ただ、副作用がひどい場合には、使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。


ホーム サイトマップ