ディフェリンゲル 副作用 出ない

ディフェリンゲルの副作用が出ない使い方

ディフェリンゲルの副作用

ディフェリンゲルは、使用することで副作用が出てしまうことがありようです。

たとえば、お肌が赤くなる、かゆみが出る、乾燥する、ひりひり感がある、角質がはがれるなどです。

副作用の現れ方は個人差があります。

副作用が強く感じられる場合には、医師に相談するようにしましょう。

ディフェリンゲルの副作用対策

ディフェリンゲルの副作用対策は

  • ディフェリンゲルをぬる範囲や量を少なくしてみる
  • クリームや保湿剤を使って、しっかりと保湿をする
  • 使用頻度を減らしてみる
  • 紫外線を浴びないようにする
  • スクラブ洗顔や、アルコールなどが配合された化粧品など、お肌に刺激があるものはさける

などです。

ディフェリンゲルで副作用が出ない場合もありますが、もし副作用が出た場合には、このような対策をとってみましょう。

ディフェリンゲルと紫外線

ディフェリンゲルを使用中には、紫外線対策をしっかりと行う必要があります。

ディフェリンゲルを使用している間は、肌バリア機能が弱まっている状態です。

ですから、紫外線を浴びることで、お肌も乾燥しやすくなったり、刺激も受けやすくなっています。

シミやソバカスの原因ともなるので、刺激の弱い日焼け止めやファンデーションをぬるなどして、しっかりと紫外線対策を行い、保湿も忘れないようにしましょう。


ホーム サイトマップ