ディフェリンゲルの使い方

ディフェリンゲルの使い方を間違えるとどのような危険性がある?

ディフェリンゲルの危険性

ディフェリンゲルを正しい方法で使用しなかった場合、皮膚が乾燥してしまったり、赤みやひりひり感、かゆみ、皮膚の剥離などの症状が出てしまうことがあるようです。

副作用が出てしまった場合には、使用を中止し、医師に相談しましょう。

ディフェリンゲルの正しい使い方

ディフェリンゲルの正しい使い方は、まずつける前には、クレンジングや洗顔をし、しっかりと保湿してからつけるようにしましょう。

清潔なお肌で、保湿を行ってから使用します。

つけるときには、目や口の周り、粘膜などにぬらないように気をつけましょう。

また、もし目に入った場合にはすぐに水で洗い流すようにしましょう。

ディフェリンゲルを使用しているときには、刺激の強い化粧品などは使用しないようにしましょう。

ピーリング作用の春化粧品や、スクラブ入りの洗顔、アルコールなどが配合されている化粧品など、刺激を感じるようなものは、使用しないようにしましょう。

ディフェリンゲルの注意点

ディフェリンゲルは、使いかた以外にも気をつけたいことがあります。

それは妊娠中や授乳中には使用できないということです。

妊娠している場合や妊娠しているかも知れないという場合には、必ず医師に知らせるようにしましょう。

また、12歳未満の子供も、安全性が確立されていないため、使用しないほうがいいようです。


ホーム サイトマップ